ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2014年02月06日 [経営管理]
アメちゃんの友人の大家さんKさんのお話しです。
このKさん、首都圏の随所で開かれている
無料の賃貸経営セミナーが大好きなんです。

毎年、東京のビッグサイトでも、
全国賃貸住宅新聞社主催の賃貸住宅フェアが開かれ、
数万人の不動産投資家、大家さんや、不動産管理会社の関係者が来場していますよね。

こういったセミナーは本当に幅広いトピックが扱われ、
今、賃貸業界で旬の話題を聞くことができます。

このKさん、いろいろな会場に出没しては、「ん〜。なるほど」「あ〜そうだよね」。

講師の話に、大きな反応をして、うなづいているんですね。

別に感心しているんだから、いいじゃないかという見方もできるのですが、
100%すべてを受け入れているところに実は落とし穴が潜んでいます。

この話をお互い酒を飲みながら話すといつもケンカになっちゃうのですが、
どこまで行っても平行線です。

ただ、ここに無料セミナーの聴講の受け方のキモがあると思っています。

確かに、各地で無料で開催される賃貸住宅セミナーは本当にありがたいイベントです。

私も毎年、賃貸業界のトレンドや新しい発想に触れて、
何か、新しいことを考えるきっかけが得られます。

できるだけ、興味のあるセミナーを聞かせていただくようにしています。

ただ、無料セミナーの聴講には聞く方にも、ちょっとした心構えが必要です。

それは、大家さんではない方が講師の場合、多くが、セミナーテーマの後ろに
バックエンドのビジネスを持っていることです。
早い話が、言葉には直接出さないけど、売りたい商品がある場合が多いのです。


つまり、それを意識した話になりがちであるという構造を
押さえておくことです。


賃貸経営を行う上で、参考になる話はいっぱい出てきます。

それを、どういう立場の人が言っているんだったっけ、と
いったん、冷静な自分のフィルターにかけてから吸収すると、

聞いた話を2割引きでとらえたり、
逆に、プラスアルファして心に刻むなど
調整することが重要になります。

講師のバックグランドにも目を向けてセミナー内容を理解すれば、
より自らの賃貸経営の血となり、肉となるのではないでしょうか。


★★ トップページはこちら




2014年02月06日 [ツール紹介]
私のブログを見ていただいている方から、よく、いろいろな人が登場しますね、
と言われます。

不動産投資や賃貸経営の世界には、
本当に、いろいろと個性的な方がいると思います。

でも、みんな愛すべきキャラの人ばかりです。
私は、不動産を通して、そんな方と出会えることがとても楽しいです。

ということで、今日登場してくれるのは、投資初心者のシンちゃんです。

シンちゃんは、待望の第1号物件を入手するために、
さまざまな場所に、物件調査に足を運んでいます。

私からもアドバイスが欲しいということで、
一緒に物件を見にいくことがあります。

そんなときは、決まってシンちゃんの車で現地にいくんですが、
私が物件を見ている間に、

途中、車でどこかに行っちゃうんですね。

何分かすると戻ってくるのですが、
また、どこかに行っちゃう。

ある物件を見に行ったときに、思い切って聞いてみたんですね。

その答えを聞いて、思わず吹き出してしまいました。

彼はまじめな性格で、とても熱心に現地調査を行っているのですが、
物件の近くのショッピングモールや学校などへ車を走らせて、
車の距離メーターで、主要施設までの距離を測っていたんです。

行っては帰ってきて、また、行っては帰ってくるということだったのです。

こういうアナログ的な試みを決して否定するつもりはありません。

でも、現在では、さまざまなインターネットの地図サービスで
距離が測れちゃうものがありますよね。

そして、たとえ、ご自身がアナログ的な方法で
対象物までの距離を測る場合でも、

ほんの数分の時間で、しかも、机の上で簡単に、
主要施設までの距離を測ることができたら、その方がいいですよね。

そこで、現在物件を探されている方で、このツールを持っていない方は
ぜひ1つ購入して、使ってみてください。

それは、

デジタルマップメーター(キルビメーター)です

とても便利です。

高級万年筆を一回り大きくしたくらいの大きさの道具です。

物件周辺の地図を用意して、その地図の縮尺をデジタルマップメーターに
セットするだけです。

あとは、物件から、目指す施設まで、
地図上の道路のうえをこのメーターの先端でなぞるだけ。


簡単に距離がでます。本当に簡単です。

1万円くらいで購入できますので、
物件取得を考えられている方には必需品です。

このツールを紹介したら、すぐ購入したシンちゃん。

今では、物件調査の途中、どこかに消えることはなくなりました。


★★ トップページはこちら






2014年02月06日 [物件入手]
本日は、物件の現地調査で使う住宅地図について
セミナー受講者の方から寄せられた
お悩みについて考えてみたいと思います。

私が受けた相談とは、

「現地調査の際に、物件の周辺を調べるために、
図書館でコピーしたゼンリンの住宅地図を使っているのですが、
調査する対象物件が地図の端にあって、周辺を見たい時に、
もともと別のページにまたがっているため、
数枚の地図を持ち歩いて、
『どのページにつながっているのかな?』なんて言いながら
チェックしなければなりません。

外を歩いて調査をするときには結構、わずらわしいです。

お聞きしたいのは、調査対象の物件が地図の端にあるときには、
コピーした周辺の地図を一旦、すべて貼り付けて一枚モノの地図を作ってから、
現地調査を行っているのでしょうか。

私は最初そんなことをしていたのですが、
毎回時間を取られたうえに、はっきり言って面倒なんです。
どうされていますか」

です。

私はその煩わしさがとてもよく共感できます。

私も売り物件が出て、その物件の現地調査に行くとき
何回も同じような経験をしました。

特に嫌だったのは、調査をする対象物件が、
住宅地図の左上、右上、左下、右下といった四隅にある場合には、
何ページにもまたがって別のページを見なければならず、面倒くさかったですね。

気になる物件情報が入って、物件調査に行くときに、
図書館で住宅地図のコピーを入手されている方で
同じような経験をされている方が結構いるのではないでしょうか。

実は、この悩みを解決するため、とても簡単な方法があります。

知っているかどうかだけの話なんですが、
インターネットで住宅地図を入手すれば解決しちゃいます。

ゼンリン住宅地図プリントサービス
http://www.zenrin.co.jp/j-print/

です。


A3判、縮尺1500分の1の地図です。
出力エリアは縦380メートル、横610メートルです。

まず、対象物件の住所を入力して、地図の予約をすると、
登録したメールアドレスに予約番号が送られてきます。

そうしたら、近くのセブンイレブンのマルチコピー機の端末で、
その予約番号を打って、出力させることができるのです。

1枚300円の費用が掛かるのですが、

ネットのプリントサービスで入手した住宅地図は、
入力した対象物件の住所地が地図の中心にくる


ようになっているのです。

物件から等距離になるように同心円をコンパスで描く場合にも、
たいへん作業がしやすくなります。

私は、物件調査を行うとき、このプリントサービスを使うようにしています。

あと、もう一つ、注意することがあります。

既に、物件購入のために現地調査を行っている方は、
ご存知化もしれませんが、これから物件調査を行おうという初心者の方は
注意していただきたいのですが、

図書館で住宅地図のコピーをする場合に、
著作権保護がたいへんうるさくなっているということです。

たいていの図書館のコピー機のところに、注意書きが貼ってあります。

住宅地図は、見開きページの片面だけしかコピーが許可されない

という内容になっているはずです。

厳しい図書館もあります。
事前に申請書を出す際に、住宅地図のページを明示し、
コピー終了後にコピーした内容をチェックしたところもありました。

そんな著作権保護の問題もありますので、
住宅地図は、プリントサービスで入手した方がいいと思います。


★★ トップページはこちら



このページの先頭に戻る