ビジネスブログ|(株)オーナー・インテリジェンスの雨宮憲之が、不動産投資・賃貸経営をサポート!<講演・セミナー・空室対策コンサルティング>

株式会社 オーナー・インテリジェンス
株式会社 オーナー・インテリジェンス
「賃貸力」リアルマーケット分析の第一人者、雨宮憲之が、あなたの賃貸経営をサポートします!
2016年09月04日 [コミュニケーション力]
私は、街中を歩いているときも、
電車に乗っているときも、
可能なかぎり
看板やポスターに注目するようにしています。

それは、
素敵なコピー、訴求力の高いキャッチーな言葉を見つけたら、
メモしておいて、自分のアパート・マンション経営のツールに使えないか、と
常に考えているからです。

一日一本、
賃貸経営に使えるコピーを発見することを目標に、
気が付いた宣伝キャッチを書き留めています。

もともと、私は、キャッチフレーズを考えるのが、
とても苦手だったのです。

今から、20年ほど前、
某新聞社で編集者をしていたことがあるんです。

当時、関西地域や中国地方のブロック面などの編集を担当していました。

見出しを毎日のようにつけていたんですが、
なかなかピンとくるものが
浮かんでこないんですね。

正直な話、少々トラウマになっているのかもしれません。

まあ、新聞の見出しと、アパート・マンション経営のキャッチコピーとは
ちょっと性質が違うのですが、


人の心に届く言葉をいかに選ぶか、

という点では共通するんです。

よく、ご相談にこられる大家さんからも、
入居者募集のマイソクや
インターネット宣伝で使うキャッチーな言葉を
自分で考えようとしているけど、思い浮かびません、と
ご相談を受けることがあります。

今日は、
賃貸経営に役立つキャッチコピーを作成のための参考文献をご紹介しましょう。

まず1冊目は、


『売り上げがドカンとあがるキャッチコピーのつくり方』
(竹内謙礼著/日経ビジネス人文庫)


です。

竹内さんは、
販促戦略立案、新規事業、起業アドバイスの分野で活躍されている
経営コンサルタントです。

この本で、竹内さんは、


キャッチコピー作りの基本は「強い言葉」探しである

と指摘していて、
言葉には「強い言葉」と「弱い言葉」があると言っています。

なるほど、なるほど。思わず納得しました。

でも、どうすればいいコピーができるのでしょうか。

竹内さんは、


「強い言葉」は「弱い言葉」からスライドして見つける

というのです。

その解説を読んで再び、なるほどね。
感心しました。

興味の湧いた方、ぜひ読んでみてください。

2冊目は、


『バカ売れキーワード1000』(堀田博和著/中教出版)です。

堀田さんは、
広告代理店で販売促進のプランナーとして活躍されていた方です。

日常生活のなかで「より売るために使う言葉」「つい記憶に残る言葉」
「つい欲しくなってしまう言葉」などの「売れるキーワード」に
出会ったり気づいたりするたび、大学ノートに必ず書き留めるという
習慣を身に着け、ひたすら繰り返したそうです。

(私も、同じようなことはしていますが…。)

堀田さんは、
それらの言葉の中から、「売れるキーワード」を厳選し、
1000語まで絞り込んだものをこの本で紹介しています。

たとえば、


新規性(新しさ)を訴える
品質の高さを訴える
限定性、希少性を訴える
信頼感、安心感を訴える


などの用途別、場面別にキーワードが出ています。

賃貸経営のシーンでもいろいろ使用できると思います。
具体的に言葉がいっぱい出ているので、使いやすいです。

これからも、アパート・マンション経営で役に立つ本をご紹介していきますね。

基本的に、私のおススメ本は、
不動産業界で話題の指南本ではありません。


むしろ、業界の外にあるノウハウほど
利用価値の高いものが隠れているのです。





■賃貸経営を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■賃貸経営を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「クオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすかった!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●不動産投資物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★アパート経営に関する講演、セミナー依頼を承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■賃貸経営を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■賃貸経営を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)






2016年06月10日 [コミュニケーション力]
本日のテーマは、
不動産投資で成功するために、
「相槌(あいづち)をうまく打って聞き上手になる」です。

あなたは、
不動産投資のお仕事の中で、
誰かと話をする時に、
相槌を打っていますか。

なんで、そんなことを聞くのかとお思いかもしれませんが、
実は、この相槌は、
とても有益なコミュニケーションツールなのです。

営業の世界では、相槌のことを
「積極的傾聴の技術」なんて言っています。

どういうことでしょうか。

簡単に言ってしまえば、

セールスの上手な人ほど、
相槌を打つのが上手いと言われているのです。

相槌を打つことが上手いということは、
お客様の話を聞き出すのがうまいということなのです。

別の言い方をすれば、
相槌が上手い営業マンは、
お客様から、「困っていること」「今抱えている問題や課題」を
上手く聞き出すことができる上手な「聞き役」が
務められるというのです。

実際のところ、積極的に相手の言葉に耳を傾けてくれる
姿勢というのは、
話す側からしたら、悪い気分にはなりません。

相槌という手法が、話しやすい環境を
バッチリ整えてくれます。

そんな環境が整えられれば、話し手は、
話す予定のないことまで、ついつい話してしまうこともあるのです。


できる営業マンは、
「なるほど…」と言いながら、
相手から驚くほどたくさんの情報を手に入れています。


営業マンというと、
積極的にセールストークを展開し、
押しまくって契約に結び付けるというイメージがありますが、
全く逆なのです。

さて、不動産投資家や大家さんはどうでしょうか。
いろいろなパートナーや入居者とさまざまな場面で、
コミュニケーションを図らなければなりません。

いかに相手の持っている情報や考えていることを
引き出すかはとても大切なことです。

たとえば、こんな場面ではどうでしょうか。

アパートやマンションなどの物件の購入を考えて
現地調査をするときには、
周辺の不動産業者さんのところに行って、
ヒアリングを行うと思います。

そんなとき、あなたは意識的に相槌をうって
話を聞いてみてください。

相手は、気持ちよくなって、
どんどん重要なこばれ話や
本音の情報が聞き出せると思います。


相槌がうまく打てない方は、
まず、「オウム返し」から試みてください。


キャバクラのお姉さんがお客さんと
コミュニケーションをとるために
この「オウム返し」を使っています。

相手の人が何か言ったら、
感情を込め、抑揚をつけて全く同じ言葉を
返せばいいのです。

こうすることで、
何となく、話のキャッチボールができている雰囲気ができて、
相手に気持ちよく話してもらえるのです。

「相槌」と「オウム返し」を意識して使うことで、
あなたも聞き上手、コミュニケーション上手になってください。

不動産投資や賃貸経営にも必ずや役立つと思います。





■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「クオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすかった!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●不動産投資物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
★不動産投資に関する講演、セミナー依頼を承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト

■不動産投資を強力サポート 雨宮憲之の公式ウェブサイト(スマホ用)





2014年09月25日 [コミュニケーション力]
今日は、賃貸経営で重要になる物件の管理会社や客付け会社とのお付き合いで
気を付けたいことをお話しします。

これからお話しする話題の大前提として、
1つ確認しておかなければならないことがあります。

それは、あなたが熱意をもって賃貸経営に取り組んでいるかどうかです。
まず、その点は忘れないでくださいね。

そのうえで、
いかに日ごろから、
管理会社さんといい関係を築いていくかが、
満室経営を導くためには不可欠です。

コミュニケーションを密にして、
お互いに信頼関係を醸成していくことが大切です。

ただ、それを実現する方法が間違っている場合は問題です。

実は、私のクライアントの大家さんの中で、
こんな方がいました。

「業者さんの店舗で、スタッフの方と長いこと会話を交わした。
もう、顔も名前も物件のこともしっかり覚えてもらったから大丈夫だ」

と満足げに話されていたんです。

でも、
業者さんの立場に立ってみたときに、どうでしょうか。

ちょっと考えればすぐ分かるのですが、
管理業者のスタッフは、日々、あれやこれやと忙しい仕事を抱えています。

そんな時に、
自分と自分の物件の売り込みという下心が見え見えの状態で
長時間、オフィスに居座られたら、はっきり言って
もう帰ってよ、って言いたいですよね。

スタッフさんは、顔で笑って、内心は…ですよね。

でも、頑張って必死に信頼関係を高めたい大家さんにとっては、
冷静になって、一歩引いてみることができない場合があるようです。

賃貸経営をより安定させようと必死の大家さんの行動ですが、
やり方を間違えると、逆効果になってしまいます。

仕事の邪魔になるような行動をとれば、
「困った大家さん」として、
管理業者さんの中の大家さんランキング≠フ順位を
下げてしまいかねません。

そこで、私は、クライアントの大家さんにアドバイスしています。

管理業者さんとコミュニケーションを図って信頼関係を高めたいのなら、

長く話すより、短時間で、マメに会いにいくことです。

つまり、

短時間で、会う回数を刻むのです。

そして、あくまで相手の立場にたった対応が欠かせません。

もう一人の自分が冷静に状況をみるのです。

忙しそうな空気を察知したら、その日は失礼するのです。

そうそう、言い忘れるところでした。

業者さんのところへお邪魔するときには、

自分にとっても、相手にとっても負担とならない程度の
差し入れを持っていくと、さらに印象が良くなると思います。

私の場合は、
高級なお菓子ではなく、スーパーで売っている袋菓子、せんべいなどです。

あくまで、気持ちが大事です。

せっかくですから、もう一つ、アドバイスしておきます。

相手と会ったとき、
相手に好印象を与える別れ方というのをご存知でしょうか。

実は、

別れる絶好のタイミングというのは、
「もっと話をしていたいな…」と、お互いが感じているときなんです。

つまり、

会話が盛り上がったとき、
「では、そろそろ失礼します」と席を立つのです。

こうすることで、あなたの「存在感」は確実に高めることができます。

これはなにも大家さんが管理会社のスタッフと話すときだけではなく、
さまざまなシチュエーションで使える方法です。

人は、気分が高まっているところで中断されると、
「途中でやめないで」という心理が働くのです。

たとえば、テレビの連続ドラマは昔からこの手を使っています。

ストーリーがクライマックスで盛り上がったところで、
「つづく」というテロップが出てきますよね。

あれと同じなんです。

ちょっとしたやり方で効果が全然違ってくるのです。

間違っても、勝手な思い込みで逆効果になる行動をとってはいけないのです。

皆さんも、管理会社さんとコミュニケーションを図るときに、
頭の片隅においておいていただけると、きっと役に立つと思います。



★★不動産投資・賃貸経営を強力サポート トップページはこちら


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「物件調査や情報収集の戦略的ノウハウが満載でした!!」
「マーケティングの視点に立った物件調査の参考書を待っていました!!」
「ここまで物件選びをマーケティングの観点から説明した書籍はなかったです!」
「内容のクオリティーを保ちながら、平易な文章で書かれているので、分かりやすい!」
「初心者が物件選びをする際のバイブル≠ナすね!」


 そんな多くのお声をいただいている雨宮の著書第2弾が好評発売中です。

プラス300万円本書影

■雨宮憲之著「もう会社に頼らない!プラス300万円を気楽≠ノ稼ぐ不動産投資術」           (SBクリエイティブ [ソフトバンククリエイティブ]、1,500円+消費税) 

●物件のマーケティング調査、
 リスクを避ける物件見極めノウハウ満載の決定版
 ただいま好評発売中です!!


■ネット書店「アマゾン」 6部門で第1位 (2013年4月11日)

★ビジネス・経済部門  第1位
★投資・金融・会社経営部門 第1位
★産業研究部門  第1位
★不動産部門  第1位
★不動産投資部門  第1位

■紀伊国屋大手町ビル店
 「単行本ベストセラー第1位」 (2013年7月8日付)
 


本書の内容詳細&アマゾンでの注文はこちらから



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★★賃貸経営に関する講演、セミナー依頼も承っております。詳しくはこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


★★不動産投資・賃貸経営を強力サポート トップページはこちら







このページの先頭に戻る